腸の働きを改善するメリット{絶好腸になろう}

疲れやすくなってしまう

腸内環境改善をすると免疫力があがる

最近なんだか疲れやすいと感じていませんか。もしかして免疫力が低下しているかもしれません。免疫力が下がると、様々な病気になる確率もあがってしまいます。でも免疫力とは体のどこで作られているのでしょうか。実は免疫力の7割は腸内で作られていたのです。なぜかというと、全身の7割の免疫細胞が腸管にあるからだということです。最近疲れていると感じている人は、腸内環境改善して免疫力を高くするようにすれば疲れにくい体になれるという事です。 腸内環境改善して腸を元気にすれば、健康な状態を保つ事ができます。このように腸を元気にするためには毎日の食事がとても大切になってきます。

食事から摂取する大切な5つのもの

腸内環境改善に役立つ方法はいろんな成分で実践することが可能です。代表的な酵素は、人間の生命維持活動において、とても重要な要素で食べ物の消化活動や脳の活動、呼吸、肌の代謝などに作用します。酵素を毎日の食事からしっかり摂っていると免疫を上げることができるでしょう。そして、酵母を体に摂り入れることで腸内に善玉菌を増やすことができ、腸内バランスも整えられます。納豆菌やヨーグルト菌を摂取すれば免疫力が上がります。また、グルタミン酸は脳に指令を出して食べ物の消化吸収を促進させる働きを持っています。別名「うまみ成分」と呼ばれています。食物繊維は野菜や果物、海藻などに含まれていて善玉菌のえさになり、腸内の有害物質を排出して腸内細菌を活発にしてくれます。そして、フィトケミカルは食べ物の色素や辛味、香りの中に含まれている成分のことで免疫力を高めてくれます。